樹脂切削加工なら、プラスチック切削加工.com|旋盤からマシニング加工までお任せください

TEL:086-436-7411

FAX:086-436-7412

プラスチック切削加工.COM
Produced by 株式会社ケイプラビジョン

樹脂切削加工

樹脂切削加工とは

樹脂切削加工とは、MCナイロン・POM・PP・超高分子量ポリエチレン・テフロン・PEEKなどの樹脂を、マシニングセンタやNC旋盤などの工作機械を用いて、高精度な製品を安定的に切削加工を行うことであり、そうして製作された樹脂部品は、産業機器や半導体機器をはじめ、医療・食品・搬送機器など様々な業界で使用されています。

なお、一口に樹脂とは言っても、様々な材質とグレードが存在し、材料メーカーも複数ありコストと性能に差があるため、樹脂切削加工品に求める機能とコストを両立させるためには、最適な材質選定を行うための深い知見が必要です。

プラスチック切削加工.comを運営するケイプラビジョンでは、高い樹脂切削加工技術に加えて材料選定を含めた様々な提案によって、お客様に喜んで頂ける加工品をご提供致します。

樹脂切削加工

プラスチック切削加工.comの 樹脂切削加工 が選ばれる理由

±0.01の高精度加工でもお任せ!
厳しい品質要求にも対応!01

プラスチック切削加工.comは、最新の切削加工機を取り揃えた上で、材質ごとの加工条件を最適化することで、高精度切削加工を実現致します。さらに長年半導体業界や医療業界に納入してきた経験から、厳しい品質要求にも対応致します。樹脂切削加工なら当社にお任せください。

スピードお見積り対応!
納期厳守で納入まで安心!02

当社はスピード対応をモットーとしております。お見積りのご依頼を頂ければ経験豊富なスタッフが、頂いた図面をもとにスピード回答いたします。またご注文後の納品に関しても、お答えした納期はもちろん遵守し、出荷時のご連絡も確実に行いますので、安心してお任せください。

コストダウンに繋がる、
積極的なVE提案!03

樹脂切削加工品に対する、お客様からの厳しいご要求スペックを達成し、さらにコストご要望にお応えするために、当社では材質・形状変更などの各種VE提案を行っています。さらに用途・環境をお聞かせ頂ければ樹脂材料選定も可能ですので、お気軽にご相談ください。

マシニング加工 加工事例

マシニング加工 豆知識

ネジ・ボルトに使用される樹脂の材質と製作・加工方法について

1.樹脂ネジ・ボルトに使用される材質 樹脂製のネジ・ボルトに使用される材質は主に、PEEK、PTFE(テフロン)、PCTFE、PPS、RENY(6ナイロンガラス入り)、PVC(塩ビ)などがあります。よく見るとザ・プラスチックという顔ぶれで、ほとんどがスーパーエンジニアリングプラスチックと呼ばれる高価でハイスペックな素材…

MCナイロンのメーカーとグレードによる違い

MCナイロン(モノマーキャストナイロン)は6ナイロンや66ナイロンの仲間で、機械的強度を増したエンジニアリングプラスチックです。MCナイロンはその特性を活かし、産業機器などによく使われる青い樹脂です(MCナイロンの詳細についてはコチラ「なぜあの樹脂は青いのか?」を参照ください)。   今回は、MCナイロンのメ…

MCナイロン(モノマーキャストナイロン)とは?

<MCナイロンとは> MCナイロン(モノマーキャストナイロン)は、皆様がよ~くご存知のエンジニアリングプラスチックの代表格である、あの青色の樹脂です。このひときわ目立つ青い樹脂は、装置に組み込まれても独特の色なので、一目見ただけでMCナイロンだ!と気づくことが出来るほど一般的になっています。また、エンジニアリングプラス…

PEEKネジ・ボルトとは?

PEEK(Poly Ether Ether Ketone、ポリエーテルエーテルケトン)と言えば、樹脂の中でもスーパーエンジニアリングプラスチックと呼ばれ、非常に優れた耐熱性・耐薬品性・耐摩耗性を持ち、さらに機械的強度にも優れるなど、様々な特性を持つ代表的なプラスチック素材です。その様な特性を活かして半導体や薬品・化学な…

樹脂の連続切削加工のためには「切り屑」への対処がキモ

切削加工は大きく「フライス加工」と「旋盤加工」に分けることができますが、このうち、一般的に生産性が高いと言われているのは、丸棒から連続加工ができる旋盤加工です。例えば自動旋盤や自動盤と言われるような旋盤加工機は、バーフィーダーを用いて丸棒の材料を投入し、丸物のワークを連続して加工できることが特徴です。イメージとしては、…