樹脂(プラスチック)レール 切削加工なら、プラスチック切削加工.com|旋盤からマシニング加工までお任せください

TEL:086-436-7411

FAX:086-436-7412

プラスチック切削加工.COM
Produced by 株式会社ケイプラビジョン

樹脂(プラスチック)レール 切削加工

樹脂(プラスチック)レールに求められる特性と、最適な材質とは

樹脂(プラスチック)レールに使用される素材の多くは、超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE、タイバー、ソリジュール、ニューライト)ですが、使用される材質はPOM(ポリアセタール)、MCナイロン(モノキャストナイロン)、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)など多種に渡ります。しかしその中でも超高分子量ポリエチレンが多く使用される理由は、耐摩耗性と自己潤滑性(低摩擦係数)です。特に食品ラインなどでは樹脂同士や金属と樹脂が擦れて削られ粉が出る様な事を極端に嫌われますが、超高分子量ポリエチレンの特徴である耐摩耗性と自己潤滑性(低摩擦係数)は、その様なことを極力減らすことが出来るメリットがあります。その為、多くの搬送装置で使用されています。現在は、食品機械関連はもとより、宅配需要の高まりでマテハン関係の搬送機器向けで樹脂レールの需要が増えています。

樹脂(プラスチック)レール 切削加工

プラスチック切削加工.com の 樹脂レール切削加工 が選ばれる理由

反りの少ない樹脂レールをご提供!01

樹脂レールはできるだけ反らないことが必要であり、切削加工を行うメーカーはいかに反りを押さながら加工を行うかが求められます。プラスチック切削加工.comは切削加工ノウハウにより反りの少ない樹脂レール切削加工を行うことが可能です。

コストダウンに繋がる、材料提案!02

例えば樹脂レールの材質として超高分子量ポリエチレンを選択した場合でも、メーカーやグレードにより価格は大きく異なります。お客様の求められるスペックから、最適なコストの材質を選択し、ご提案いたします。

長尺ものの切削加工にも対応!03

切削加工が必要な樹脂レールには、長いもので3mもの長尺レールもありますが、プラスチック切削加工.comでは、社内のマシニングセンタを使用することに加え、協力会社も活用することで、長尺の樹脂レール切削にも対応いたします。

レール 加工事例

レール 豆知識

MCナイロン(モノマーキャストナイロン)とは?

<MCナイロンとは> MCナイロン(モノマーキャストナイロン)は、皆様がよ~くご存知のエンジニアリングプラスチックの代表格である、あの青色の樹脂です。このひときわ目立つ青い樹脂は、装置に組み込まれても独特の色なので、一目見ただけでMCナイロンだ!と気づくことが出来るほど一般的になっています。また、エンジニアリングプラス…

樹脂(プラスチック)レールとは

樹脂製(プラスチック)レールの素材と言えば、超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE、タイバー、ソリジュール、ニューライトなど)ですが、ほかにもPOM(ポリアセタール)やMCナイロン(モノキャストナイロン)、PE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)など、使用される樹脂素材は沢山あります。しかしメインはやはり超高分子量…

超高分子量ポリエチレン樹脂とは

超高分子量ポリエチレン樹脂(正式名称:Ultra High Molecular Weight PlyEthylene 略称:UHMW-PEとも呼ばれる)とは、ポリエチレン樹脂の中でも分子量が400万以上のものを言います。一般的に樹脂の分子量が大きくなるといろんなメリットが生まれ、引張強度や衝撃強さが向上したり耐熱性や耐…

PP(ポリプロピレン樹脂)とは?

ポリプロピレン樹脂は一般的にはPP(ピーピー)と呼ばれ、汎用プラスチックの中ではとてもポピュラーな樹脂素材です。ポリプロピレン樹脂(PP)は自動車部品のバンパー、ドアプロテクター、インパネ、ファンや家電製品の洗濯機の洗濯槽、冷蔵庫のトレイ、テレビのカバー、換気扇のファン、また医療系では使い捨ての注射器、薬品容器など、そ…